高野山にある蓮華定院は、真田昌幸と真田幸村が高野山に幽閉された際、蟄居した真田家の菩提寺です。

宿坊として一般の人も宿泊ができることから、歴史ファンも多く訪れます。

宿坊の中では、家紋である六文銭がそこかしこにあり、真田の雰囲気を全身で 感じ、幸村や昌幸の人生に思いをはせるには最高の環境です。

 

蓮華定院
和歌山県和歌山県伊都郡高野町高野山700